レインウェアの選び方 2011 - バイク

レインウェアの選び方 2011 - バイク

2010-2011モデル/バイク用レインウェアの選び方

雨が降れば濡れるのがバイクライダーの宿命、雨の日を避けても突然の雨に振られることも、そんな雨からライダーを守るのが「レインウェア」です。

バイクのレインウェアに、普通のレインウェアは適しません!
正面からの風を受けるので、すぐに水が漏れてきてしまうのです。

このサイトでは、バイク用レインウェアを選ぶ際の大切なポイントを紹介します。

必要な性能とチェックポイント

  • 防水構造・・・しかり雨を遮断し、雨の侵入を防ぐ性能。 
  • 漏れにくさ・・・生地や縫い目からの染みあり漏れてくる雨を防げるか? 
  • 丈夫さ・・・擦れや引っ張りやマフラーの熱などでも穴があいたりしないか? 
  • コンパクト・・・コンパクトに収納できて、持ち運びやすい? 
  • 蒸れない・・・汗など内部の湿気を外部へ排出して、快適か? 
  • 着やすい脱ぎやすい・・・スムーズに着用でき、靴やヘルメットを履いたままでもOKか? 
  • 動きやすい・・・体の動きを妨げず、ライディングの邪魔にならないか?

ツーリング・長時間向け

ツーリング向けのレインウェアで重視するポイント: 
  1. ・防水性・・・生地や端部からの水に侵入がないこと(長時間雨にあたると浸みてくることも)
  2. ・漏れない・・・ファスナー部や股からの漏れがないこと(長雨でも漏れない)
  3. ・蒸れない・・・高い透湿性やベンチレーションで汗を排出(長時間でも快適に)
  4. ・動き易い・・・無理な締め付けや引張がないこと(疲れないため)

 ツーリングでは、長時間雨の中を走り続けることになるため、気温が高い夏場などはレインウェア内部の蒸れが気になり不快の原因となります。高い透湿性の素材やベンチレーションが付いた通気性のよいレインウェアなら蒸れずに快適です。
 また、長時間雨にさらされるため、徐々に水がしみ込み浸入することがあります。首や袖口・ウエスト回りなどの端部からの侵入防止や、生地の縫い目などのがしっかりシーリングされていることもポイントです。
 そして、疲れを溜めないために、リラックスした姿勢を保て動きやすいレインウェアがよいでしょう。






[ゴールドウィン]

エントラントレインスーツ GSM 12912



デイバッグを背負ったまま着用出来るのが特徴、背中の可変ファスナーでデイバックのスペースを調整できる。透湿性素材やベンチレーションはもちろん、シッカリした作りで防水性能も高く、バタつき防止など細部まで快適に着るための工夫がされている。

標準価格:¥22,800(税込)

[ネットで購入]
バイクブロスで探す
楽天市場で探す
Yahoo! で探す




[ラフ&ロード]

デュアルテックスBIBレインスーツ RR7806



デイバッグ・ウエストバッグを付けたまま着用できるのが特徴、防水性能も高く、透湿性素材を使いベンチレーションも装備、ズボンの裾がズリ上がるのを防止する機能、別売りのインナーを装着出来る。

標準価格:¥13,860(税込)

[ネットで購入]
バイクブロスで探す
楽天市場で探す
Yahoo! で探す




[ヤマハ]

サイバーテックスIII+Sレインスーツ YAR04



縫い目が無い後身シームレス構造で、ライダーを悩ませてきた股の部分の水漏れを大幅に防ぐのがポイント、インナーメッシュが内側に貼り付けられて3層構造はとても着心地がよい、さすがバイクメーカーのレインウェア。

標準価格:¥11,340(税込)

[ネットで購入]
バイクブロスで探す
楽天市場で探す
Yahoo! で探す

通勤/通学/ショッピング・短時間向け

通勤・通学・ショッピング向けツーリングウェアで重視するポイント:
   1.防水 2.着やすさ脱ぎやすさ 3.コンパクト 4.丈夫

 突然の雨に備えて常備するレインウェア、携帯性の良さは大切なポイントです。通勤・通学・ショッピングでは比較的短い時間の使用なので通気性などは気にする必要はありませんが、着たり脱いだりする回数は多いので、着やすさ脱ぎやすさは重要なポイントです。
 また、長く使うためには、摩耗や破れに強い丈夫なものが良いでしょう。信号待ちで足を付く時に邪魔な箇所がないかなどの確認も忘れずに。






[ラフ&ロード]

デュアルテックスコンパクトレインスーツ




 500mlペットボトルのサイズの超コンパクトなレインウェア、シート下スペースやウエストバッグに収納できるサイズ。コンパクトながら必要な機能は十分に備えており、常時携帯するレインウェアとして最適。リーズナブルな価格も魅力。

標準価格:¥8,190(税込)

バイクブロスで探す
楽天市場で探す
Yahoo! で探す




[ゴールドウィン]

Gベクター2 コンパクトレインスーツ


 収納時は28cm×10cmとコンパクト。高い防水性能を有し、透湿性素材を採用しベンチレーションを備えることで蒸れることなく快適なレインウェア。バタつきを抑える調整タブなど細部までこだわっている。

標準価格:¥12,390(税込)

バイクブロスで探す
楽天市場で探す
Yahoo! で探す




[モンベル]

ストームバイカー レインスーツ


 収納時は21cm×10cmのコンパクトサイズ。アウトドアメーカーのモンベルのバイク用レインウェア、防水性の高いファスナーを採用し汚れを防ぐフラップ付き。

標準価格:¥19,800(税込)

バイクブロスで探す
楽天市場で探す
Yahoo! で探す

高品質&低価格-お買得モデル

高品質&低価格なレインウェアで重視するポイント
  1.価格 2.防水性能 3.丈夫さ

 安物買いの銭失いにならないために、値段の次に、基本的な防水性と丈夫さを確認した方が良いでしょう。

 最近では、低価格なレインウェアでも、快適性を重視したモデルも多くありますので、同じような価格ならば透湿性素材やベンチレーションを備えたレインウェアがおすすめです。

 ホームセンターなどで作業用として低価格なレインウェアが売られていますが、帽子付で防水性能を低下させたり、裾が狭かったり、袖口からの水の侵入があったり、バイクという条件には厳しいものが多いです。





[ホンダ]

アクティブレインスーツ EX-M42



レインウェア内部の不快な蒸れを解消する透湿性素材を使用しベンチレーションも設けることで、快適性を向上させたレインウェア。使わない時はコンパクトサイズに収納できる。

標準価格:¥(税込)

[ネットで購入]
バイクブロスで探す
楽天市場で探す
Yahoo! で探す




[ヤマハ]

レインスーツ(ネイビー/グレイ)YAR02



最新モデルではないが、十分な耐水・防水性能に加え湿気を外部に排出する透湿性素材を使用している。バイクメーカー(ヤマハ)のレインウェアだけあって、とても実用的なバイク用レインウェア。

標準価格:¥6,195(税込)

[ネットで購入]
バイクブロスで探す
楽天市場で探す
Yahoo! で探す




[ラフ&ロード]

グライドレインスーツ



低コストと実用性を両立させたコストパフォーマンスモデル。防水性能はもちろん、ズボンの裾のズリ上がりを防止するフラップを装備するなど細部にもこだわっている。防寒用として、別売りのインナージャケットの取り付けが可能。

標準価格:¥6,980(税込)

[ネットで購入]
バイクブロスで探す
楽天市場で探す
Yahoo! で探す
↑このページの先頭に戻る

Copyrights © 2011 レインウェアの選び方 2011 - バイク All Rights Reserved.